神田うのさんや黒木瞳さんなども実践しているバレエダイエットがオススメです。

「まっすぐに立つ」「まっすぐに歩く」など、クラシックバレエの動きをベースにしたダイエット法。姿勢がよくなり体を支える腹筋や背筋が鍛えられ、代謝がよくなり痩身効果があるとして人気です。

基本の姿勢と足の位置

もともとはバレリーナ向けのエクササイズでしたが、一般の人向けにアレンジした「ニューヨーク・シティ・バレエ・ワークアウト」が1997年に出版され大ヒットしました。
足首やふくらはぎ、お尻に背中や二の腕などを引き締め、バレリーナのような美しくしなやかなボディラインを得るため、筋肉を効率的に作っていくダイエットで、早くきれいに痩せられるとして注目を集めています。
手先からつま先まで、美しい姿勢を意識しながらとるポーズが、きれいな体型を自然と生み出してくれます。

●正しい姿勢を身につける
1.お腹と腰に手を当て、脚を揃えて立ちます。
2.骨盤をまっすぐにし、お腹を引き上げます。
3.間違った姿勢は骨格が歪む原因となるので、お腹が前に突き出たり、背中が反ったりしないように注意しましょう。

●正しい腕の形を身につける
1.両腕を自分の視野に入るところまで開き、ひじを張ります。
2.腕の高さは肩よりやや低めにします。
3.この姿勢をキープすると、二の腕の引き締め効果が得られます。

●基本の足の位置を覚える
【1番ポジション】
 左右のかかとをつけたまま、両脚を股関節から開き、できるだけ外に向けます。
【2番ポジション】
 1番ポジションから、かかとを肩幅と同じぐらいに開きます。
【3番ポジション】
 1番のポジションから、片脚を前に出し、反対の足の土踏まずにかかとをつけます。
【4番ポジション】
 3番ポジションから、片脚を前に出します。足の横幅1つ分ぐらいが目安です。
【5番ポジション】
 1番ポジションから、左右の脚を一番深いところまで交差します。

基本のエクササイズ

●骨盤の位置を矯正し美しい姿勢にする「プリエとルルベ」
1.1番ポジションで立ち、腹筋を引き上げて骨盤を真っ直ぐにします。
2.両腕はひじを外側に向け、大きなボールを抱えるように、下に向けて円を作ります。
3.次に、両腕を横に広げ、ひざを曲げながら、つま先と同じ方向にゆっくりと股関節から開きます。(プリエ)
4.4回を目安に2~3の動作を繰り返します。
5.次に、1の状態から両脚を肩幅に開き、両腕を斜め上に上げます。
6.ひじを軽く曲げ、手の先は内側に向くようにし、呼吸を整えます。
7.かかとを浮かせ、体全体を真上に引き上げる要領でつま先立ちになります。(ルルベ)
8.4回を目安に2~3の動作を繰り返します。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る