1日行っただけでもめざましい効果がでるという「にんじんジュースダイエット」がいま話題です。

これは、ニンジンとリンゴでつくったニンジンジュースを朝食と昼食のかわりに飲み、夕食を軽めの食事にするというダイエット法です。

ニンジンジュース断食ダイエットをやってみよう!


「しょうが紅茶ダイエット」でも有名な石原結實先生が、伊豆の保養所で行っているニンジンジュース断食を家庭用にアレンジしたもので、1日行っただけでもめざましい効果があるといいます。

今、現代人のほとんどが、ストレスや運動不足などにより体に冷えをかかえているといわれています。その冷えが問題。体のなかに冷えがあると、代謝が活発に行われなくなり、体に余分な水分や脂肪、老廃物がたまりやすくなってしまいます。

ということは、やせるためには、まず体から肥満の原因である冷えをなくすことが重要、というわけです。

それでは、ニンジンジュースダイエットの実践方法をご紹介しましょう。

●ニンジンジュースの基本的なつくり方
【材料】 ニンジン2 本(約400g) / リンゴ1個(約300g)
* 材料はよくタワシで水洗いする。
* ニンジンとリンゴを皮付きのままジューサーに入れる。リンゴは種もいっしょに入れる。

これで約400ml(コップ約2杯半)のジュースが出来上がります。

ニンジンジュースは、つくってすぐ飲むのが原則ですが、どうしても時間がなく、朝つくって夜飲む人や、夜つくって朝飲む人はレモンをしぼって入れ、冷蔵庫で保管しておきましょう。

●ニンジンジュースの基本的なつくり方ニンジンジュース半日断食の基本的なやり方
【朝】 上記の手順でつくったニンジンジュース400ミリリットルを朝食代わりに飲む。レモンがあれば、1/4個分のしぼり汁を加えるとよい。

【昼】 朝食と同量のニンジンジュースを昼食代わりに飲む。昼食の場合、昼に向けて血糖値が下がっているので、リンゴ2個とニンジン1本でジュースをつくってもよい。

【夜】 夕食は、おかゆが一番よい。ふつうのごはんなら腹6分目に抑え、よくかんでゆっくり食べる。いずれもみそ汁とシラスおろし、梅干しなどを添えるとよい。

これを、週に1回のペースで行います。ジュースは一気に飲まず、かむように飲むのがポイント。唾液にまざると、吸収がよくなるそうです。冷たいジュースが苦手な人は、湯煎して飲みましょう。

もし、断食中におなかがすいてがまんできないようなら、すりおろしたショウガをお湯や紅茶でわり、ハチミツや黒砂糖を入れて飲んでもOK。体が温まり、満腹感が得られるそうです。

ニンジンジュースでどうしてやせる?

今、現代人のほとんどが、ストレスや運動不足などにより体に冷えをかかえているといわれています。その冷えが問題。体のなかに冷えがあると、代謝が活発に行われなくなり、体に余分な水分や脂肪、老廃物がたまりやすくなってしまいます。

ということは、やせるためには、まず体から肥満の原因である冷えをなくすことが重要、というわけです

そこで今回ご紹介するのが、このニンジンジュースを使った半日断食ダイエット。これは、ニンジンとリンゴでつくったニンジンジュースを朝食と昼食のかわりに飲み、夕食を軽めの食事にするというダイエット法です。「しょうが紅茶ダイエット」でも有名な石原結實先生が、伊豆の保養所で行っているニンジンジュース断食を家庭用にアレンジしたもので、1日行っただけでもめざましい効果があるといいます。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る