健康的なダイエットを玄米コーヒーで実践。

なにかと話題にのぼり、体にもよさそうなイメージの強い玄米。昔から、玄米は愛されてきました。玄米コーヒーを毎日飲んで、痩せやすい体質づくりを始めましょう。

玄米コーヒーダイエットのメカニズム


玄米とは、稲から収穫した米のもみ殻だけを取り除いたもの。タンパク質、脂質、ミネラル、食物繊維、ビタミンB1、B2などが白米よりも多く含まれており、生活習慣病の予防にもおすすめの食材です。

しかし、玄米はかたくて味もイマイチ。炊飯にも手間がかかります。消化もあまり良くないため、胃や腸の負担となることもあります。健康のためにと思って玄米食を始めたものの、長く続かなかった・・・という人も多いのではないでしょうか?

そんな人でも、今回ご紹介する玄米コーヒーなら全く心配いりません。玄米を主食にするよりもずっとお手軽で、誰でも簡単に、毎日とり続けることができます。カフェインなどの刺激物がまったく入っていないため、コーヒーが苦手な人でも安心です。

【メカニズム】
まず、煎ることによって、炭のようになった玄米の粉には、腸内の毒素を吸着・排出してくれる働きがあるといいます。

炭の働きはよく知られるところでもありますが、炭を水道水に入れておくと、塩素などの有害物質を吸着してくれます。玄米コーヒーの働きもこれと同じで、腸内の有害な毒素や悪玉菌を吸着し、便として排出してくれるのです。

腸内に長くとどまっている便が排出され、便通も良くなり、大きなダイエット効果が期待できる、というわけです。

玄米コーヒーのつくり方

玄米コーヒーは家庭でも簡単に作ることができます。ただし、1度粉末にしてしまった玄米は非常に傷みやすいそうです。作り置きはせず、毎日飲む分だけを作るようにしましょう。

市販されている玄米コーヒーの粉末を利用してもかまいません。

つくり方
玄米大匙3~4杯が1日分の目安

* 玄米を洗わずそのままフライパンに入れ、弱火でから煎りします。15分くらいするとこんがりきつね色になってきます。
* 焦らずじっくりと煎り、そのまま40分、次第に香ばしい香りがしてきます。玄米はコーヒーのような色に。
* 器に空けて冷ましたあと、すり鉢ですって粉状にします
※ミキサーなどがあれば、簡単に粉にすることができます。
* カップに小さじ1の粉を入れ、200mlのお湯を加え、よくかきまぜて出来上がり。

代謝機能を高めてやせる

とにかく体によいことで知られる玄米ですが、玄米コーヒーに豊富に含まれているマグネシウムや亜鉛には、体内の酵素を補助する役割があるといわれています。この酵素が元気になると、胃や腸の消化・吸収力が強くなり、代謝が活発になるそうです。

玄米コーヒーには便通を良くする効果があるということは先程ふれましたが、それもまた、代謝を活発にする1つの要素であるとか。

脂肪の燃焼が促進されると、人間の体はエネルギーをたくさん消費するようになり、なんと驚くことに運動したのと同じような効果が得られるといいます。

玄米コーヒーを飲み続けることで、やせやすい体質にさっと早変わり。これまでダイエットが長続きしなかった・・・という方も、ぜひ1度、おためしください。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る