健康によい食品として今注目の黒豆を使った黒豆コーヒーがダイエットを促進してくれます。

この黒豆コーヒーダイエットは、粉末状にした黒豆をお湯に溶かし、好きなときに好きなだけ飲むという、簡単なダイエット法です。

黒豆コーヒーダイエットのメカニズム

黒豆にはビタミンB2が豊富に含まれています。これは、体の脂肪をエネルギーとして燃焼させるときになくてはならないビタミン。

よって、ビタミンB2の豊富な黒豆をとれば、無理なく脂肪をエネルギーとして燃やすことができるのだといいます。

また、黒豆には良質のタンパク質も豊富に含まれています。タンパク質はアミノ酸でできていますが、アミノ酸が複数結合したものをペプチドと呼び、黒豆のペプチドによる熱の生産量はほかの食品よりも極めて高い数値を示します。

そのため体の脂肪は燃えやすく、肥満の解消に役立つのだそうです。渋み成分のサポニンは、小腸に働きかけ、栄養素の吸収を遅らせるため、脂肪の吸収が抑えられ、体内の余分な脂肪を減らします。 

さらに、黒豆には食物繊維も豊富に含まれ、便通を促し、肥満の解消に大きな力を発揮する、というわけです。

黒豆コーヒーのつくり方

つくり方
【材料】 黒豆180グラム / アズキ20グラム

1.黒豆とアズキをざっと洗い、よく乾燥させる(黒豆とアズキの割合は9対1)
2.1をフライパンに入れ、弱火で30~60分から煎りする(色が中まで濃くなり、香ばしい香りがしたら火を止める)
3.すり鉢で細かい粉末にする(コーヒーミルがあれば、簡単に粉末にできる)
4.出来上がった粉末をコーヒーカップに適量入れ、お湯を注ぐ

こうしてつくった黒豆コーヒーを、1日に2~3杯、好きなときに飲みます。好みでミルクやハチミツを加えると、さらに味が引き立ちおいしく飲めるそうです。

また、黒豆を煎るときは、時間をかけるほど深煎りになって苦みが強くなるといいます。苦くなり過ぎないように、60分以内で火を止めるよう注意しましょう。

使わなかった黒豆の粉末は、インスタントコーヒーの空き瓶などに入れ、しっかりとふたをしておけば、1週間か10日は味も香りも変化せずに保存することが可能です。

生活習慣病や婦人病の予防にも効果あり

すぐに効果が現れ、5 キロ、10キロとやせられるという黒豆コーヒーダイエットですが、効果はそればかりではありません。他にも、シミ・シワや婦人病、生活習慣病の予防・改善にも役立つ成分が多く含まれているといいます。

まず、黒豆の黒い色素のもとであるデルヒジニンは、皮膚の新陳代謝を弱め、シミやシワの原因となる過酸化脂質を強力に抑えます。同時に、ビタミンE は、強力な抗酸化作用で肌のシミやシワ、たるみなどを防ぎます。黒豆に含まれているレシチンは、皮膚の水と脂肪を適度になじませて、みずみずしい肌を保つのに役立つということです。

そして、黒豆に多く含まれるイソフラボンは、若い女性の生理不順や生理痛などを解消するとともに、中高年女性の更年期障害、骨粗鬆症なども予防・改善。コレステロールを減らす働きもあり、動脈硬化の予防にも効果的です。

美容と健康を増進しながら、無理なく健康的にやせられる黒豆コーヒーダイエット。粉末状にする手間さえ惜しまなければ、体の中から健康的な、美しいボディを手に入れることができるのかもしれません。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る