ミネラル豊富な「にがり」でダイエットにチャレンジ!

にがりのミネラル類が、糖や脂肪の代謝に深く関わるインスリン(ホルモンの一種)の分泌を高め、余分な脂肪の代謝を促す!

にがりでなぜやせる?

にがりとは、豆乳を固めて豆腐をつくるときに、昔から使われてきたものです。

海水を鍋で煮詰めるとドロドロしたものが残ります。これをこした液体がにがりです。「苦汁」と書くのですが、これはそのままなめるととても苦いためでしょうか。

苦さのもとになっているのは豊富に含まれているミネラル。マグネシウムを始めとして、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などなど、海水中のさまざまなミネラルがにがりには濃縮されているそうです。

このにがりを飲みやすい濃さに薄めた「にがり水」をダイエットに用います。

にがりのミネラル類が、糖や脂肪の代謝に深く関わるインスリン(ホルモンの一種)の分泌を高め、余分な脂肪の代謝を促すそうです。

さらに、主成分であるマグネシウムは、失われた水分を腸内の内容物に呼び戻す働きがあり、飲むことで便が軟らかくなって、排便が促されます。

また、ストレスが加わったとき、体内でもっとも消耗されるミネラルもマグネシウムだそうです。マグネシウムが豊富なにがりは、ダイエットに加えて、便秘やストレスの解消にも役立つかもしれません。

にがりの用い方

*水1リットルに対して、液状のにがりなら2~4ミリリットル。粉状のにがりなら1~2グラム。ペットボトルなどに入れて、よくふって混ぜます。
*1日0.3~1リットルを数回に分けて飲みます。1回の量は150ミリリットル、コップ3分の2程度です。
*より高いダイエット効果を求めるなら、1日1.5~2リットル、毎食前に150~200ミリリットルずつ飲みます。食事の量が抑えられるそうです。残りは食間やのどが渇いたときなどに飲みます。

注意点
濃くしすぎたり、大量に飲んだりすると、下痢を起こしてしまうそうです。また、腎臓病や炎症性の腸疾患のある人、下痢症など胃腸にトラブルのある人は体への負担になることもあるとか。医師と相談したうえで用いるようにしましょう。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る