ビタミン・ミネラルをきちんと摂取できるのが生ポタージュダイエットです。

ダイエットをしていると、どうしてもビタミンやミネラルが不足しがち。ビタミンやミネラルには、新陳代謝を活発にし、肥満や病気を防ぐ働きがあります。ですから、できるだけ十分な量を摂取することがとても重要なことなのです。

生じゃなきゃいけないの?

もともと生の食べ物に含まれているビタミンやミネラルは、加熱調理することによって、その多くが壊れてしまいます。

そのため、もっとも効率よく摂取するには、生のまま食べるのが一番。でも、だからといって、そのまま野菜を食べるのはちょっと大変です。

そこで、生ポタージュ。生ポタージュとは、5種類以上の生野菜をすりつぶしてドロドロの状態にしたものです。野菜に火を通さず、生のまま食べることで、ビタミンやミネラル類、酵素類をそのまま丸ごと摂取することができます。

この生ポタージュのなかで特に豊富なのがビタミンC。ビタミンCには血管を強化し、皮膚を甦らせる効果があるといいます。また、新陳代謝の働きを整え、免疫力をアップ。肥満、糖尿病、高血圧、肝臓病のトラブルを防ぐのに、必須の栄養素だそうです。

食事の前に食べれば、食事の量も自然と抑えることができますし、野菜に含まれる豊富な食物繊維が腸の粘膜を刺激することで便秘を解消。その結果、ダイエットに結びつく、というわけです。

具体的にはどうやるの?

材料
野菜はクセのないものならばなんでもOK。にんじん、だいこん、かぶのような根菜類2~3種類、キャベツ、ほうれんそう、小松菜などの葉菜類を2~3種類用意します。このとき、1度に5種類以上の野菜を使うことがポイント。それぞれの野菜がお互いの栄養素の足りないところを補い合えるようにするためです。

分量
1食につき100~200g。根菜類と葉菜類の重さはほぼ半分ずつ用意します。野菜ばかりで食べにくい、という人は、リンゴやレモンなど、果物を少し加えると食べやすくなります。

つくり方
材料をすべて合わせ、ドロドロになるまでよくすりつぶします。最初からすり鉢でするのが難しければ、包丁やおろしがねで下ごしらえをしておくとよいそうです。生野菜は細胞膜がかたく、消化が悪いので、十分にすりつぶしましょう。野菜の栄養分が吸収しやすくなります。

食べ方
昼食時と夕食時、食事の前に食べましょう。栄養が壊れないよう、作ってから30分以内に食べてください。

ダイエット中は、できるだけ朝食を抜くようにしましょう。朝食を食べるとカロリーのとり過ぎになるうえ、体内の排出作用を妨げてしまうのだそうです。お茶や水など、カロリーがあまりない飲み物だけにしておくとよいでしょう。

生ポタージュは野菜をすりつぶしたものですから、健康増進効果も大。ダイエットに成功したあとも、健康のためにずっと食べ続けている人も多いようです。

ダイエットと健康作りの一石二鳥のダイエット法。ぜひお試しください。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る