朝食を生野菜ジュースに変えるだけで、無理なくやせられる?!

あわただしい朝食時に、あれやこれやとカロリー制限しながら食事をとるなら、いっそのこと朝食抜きにしてしまったほうが早道。ただし、朝食抜きは体に悪いとされているから、それによって健康を害するのはいや・・・という人にとっては、もってこいのダイエット法です。

野菜ジュースダイエットのメカニズム


野菜が体によいとは、誰もが知っていること。体に必要なビタミン、ミネラルを含み、肌がきれいになる、コレステロール値が下がる、血液がさらさらになる、腸内の悪玉菌を減らすなどの効果が認められています

私たちの体に必要不可欠な野菜ですが、これをジュースにして朝食がわりにするだけでやせる方法があるといいます。

『日経ヘルス』(日経BP社)によれば、「朝食を野菜ジュースにすると、便通が改善され、利尿作用が高まり、余分な水分が排出されるので、むくみもとれます。始めにすっとやせるのは、水分が体から減ることによるものですが、朝食を毎日400~500kcalとっていたとすれば、その分のカロリーが減るため、体脂肪が燃え、1~2カ月続けると効果が現れ、体重が減る」と紹介されています。

野菜ジュースは旬の野菜を使い、できれば5種類くらいを使ってつくるのがベスト。朝の摂取カロリーが減っても、昼食や夕食をその分食べてしまっては意味がないため、食事の量は増やさず、間食もしないようにします。

この朝食野菜ジュースダイエットは、ただ単に摂取カロリーがトータルで減るからやせる、というだけのものではありません。野菜ジュースに含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養素が自律神経を活性化させるため、代謝が上がりやすくなり、その結果エネルギー消費が高まる、という効果があるのです。

脂肪の吸引を阻害する野菜パワー

この朝食野菜ジュースダイエットを、より効果的に改善しようと試みたのが『日経ヘルス』の記事内容。

脂肪は、リパーゼとよばれる消化酵素の作用を受けて分解、吸収されますが、リパーゼの活性を抑えれば、脂肪の吸収抑制ができるはずだと展開します。実は最近このリパーゼの阻害効果が強い野菜、果実がある、という研究が女子栄養大学の三浦理代助教授によって研究され、その効果が注目されています。

たとえば、トマト、ピーマン、しそ、しょうがなど。果物では桃、すいか、パイナップルなどです。野菜ジュースをつくるときも、このような脂肪の吸収を阻害するような野菜でつくるようにし、野菜が苦手な人は、果物をジュースにする、というアレンジもできます。

ただし、三浦理代助教授の研究と朝食野菜ジュースダイエットは無関係のもので、朝食野菜ジュースダイエットをより効果的にするために三浦理代助教授の研究を持ち込んだ『日経ヘルス』の提案です。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る