食後のエネルギー消費を唐辛子効果で上げる。

辛いものを好む韓国人に肥満がみられない、辛いものを食べるとやせると言われ、食べるだけでダイエット効果が得られると話題になり、清涼飲料まで登場したほどです。

唐辛子ダイエットのメカニズム


唐辛子ダイエットのメカニズムは、辛味成分のカプサイシンが皮下脂肪の分解を促進し、肥満を防止するというもの。

カプサイシンは小腸から吸収されて血液中に入り、副腎の髄質に作用して脂肪を分解するホルモンであるアドレナリンの分泌を促します。アドレナリンの量が増えて刺激効果が高まると、脂肪の分解が促進され、備蓄している脂肪を消費するようなシフトになるのだそうです。

それらを裏付けるかのように、京都大学ではラットによる実験結果から、唐辛子の辛味成分のカプサイシンが脂肪の新陳代謝を促し、肥満を防ぐ効果があるとしています。

唐辛子がもたらす食後のエネルギー消費量は、1度の食事ではごくわずかですが、10kcalであったとしても、1年では0.5キロ~1キロの差にもなるのです。

唐辛子の用途

辛いものを好む韓国人に肥満がみられない、辛いものを食べるとやせると言われ、食べるだけでダイエット効果が得られると話題になり、清涼飲料まで登場したほどです。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る