人によって違う肥満遺伝子を調べるキットで、太る理由、痩せる理由がわかります。

「肥満遺伝子」という言葉を聞いたことがありますか?
同じ食べ物を食べているのに、太りやすい人と太りにくい人がいるのはどうしてでしょう。それには、肥満遺伝子が大きな影響を与えています。

自分の肥満タイプを知る

「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」と、肥満遺伝子には大きく分けると3つのタイプがあります。

効果があるといわれるダイエットを実践してみても、人によって効果があったりなかったり・・・。それは、この肥満遺伝子のタイプにより、ダイエットの仕方も違うからです。

まずは、自分がどのタイプの肥満遺伝子を持っているのかを知ることで、自分に合ったダイエット方法を選ぶことができます。そのために開発されたのが、「肥満遺伝子検査キット」です。

りんご型(β-3アドレナリン受容体遺伝子が標準と異なるタイプ)
体型は、お腹がポッコリと出ています。ご飯や甘い物が好きです。ためこんだ脂肪を取り出す働きが弱いため、脂肪がたまりやすく、内臓脂肪がつきやすいタイプです。
洋なし型(脱共役タンパク質が標準と異なるタイプ)
体型は、腰やお尻などの下半身に脂肪がついています。揚げ物や炒め物など脂っこいものが好きです。脂肪を燃やす働きが弱く、基礎代謝が標準よりも低く、皮下脂肪がつきやすいタイプです。
バナナ型(β-2アドレナリン受容体遺伝子が標準と異なるタイプ)
体型は、手足が長くほっそりとして筋肉があまりありません。基礎代謝が標準より高く、タンパク質が燃焼されやすく、筋肉がつきにくいタイプです。

検査は、インターネットからも購入ができ、メーカーにより6,000~12,000円ぐらいの価格で販売されています。

インターネットで購入をした場合、自宅にキットが届いたら、自分で検体採取し返送すると、約2週間前後で検査結果が届きます。

肥満遺伝子のタイプがわかるだけでなく、キットによっては、専門のアドバイザーから、あなたに合ったダイエットのための食事方法や運動方法などのアドバイスが受けられます。

肥満遺伝子のタイプは生涯変わることがありませんので、検査は一度だけ受けておけば大丈夫です。

肥満を防ごう

肥満は遺伝するというものの、遺伝子が実際の肥満に与える影響は約3割で、後の7割は生活習慣が要因となっています。
両親から肥満遺伝子を受け継いだとしても、自分のタイプに合った食事と運動を実践することで、肥満を防ぐことができますので、あきらめずにダイエットを実践していきましょう。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る