香りが心身に与える影響をダイエットに役立てましょう。

素敵な香りでリラックスできた・・・と感じることは誰にでもあるのではないでしょうか。アロマテラピーなどでよく知られ、心のリラックスに用いられる香り。今回ご紹介するダイエット方法は、そんな香りを用いたダイエット。

リラックスと脂肪燃焼効果

ダイエットというと食事制限、運動の2つが思いつきますが、脳もまた大きな役割を果たしています。脳は食欲や睡眠、血行など、生きるために必要な活動をコントロールしていますが、ストレスを感じるとそれらがうまく調節できなくなります。その結果、疲れやだるさ、冷えなどがあらわれ、ストレス解消が食欲につながって、やせにくい体になってしまいます。

香りはそのような自分の意志だけではコントロールできない、脳のさまざまな部分に働きかけ、ストレスを軽くしてしてくれるのだそうです。心身を健康な状態に、やせやすい体に近づけてくれます。

さらに最近、一部の香りには脂肪を燃焼する効果があるということも分かったそうです。

香りをかぐと、体を活動的な状態にする交感神経が活性化、ノルアドレナリンの分泌が促されます。このノルアドレナリンが、脂肪を消費するUCPというタンパク質の発現を増やしてくれるのだとか。

特に効果があるとされるのが、グレープフルーツ、ペッパー、フェンネル、タラゴン、そしてラズベリー。香りを楽しんだり食べたりすることで、交感神経が活性化、脂肪の燃焼を促進します。さっそく利用してみてはいかがでしょうか。

ダイエット効果のある香り

グレープフルーツ

甘酸っぱい香りが交感神経を刺激、さらに脂肪燃焼につながるホルモンの分泌を促してくれるそうです。

* 目に付いたとき手に取って香りをかぎます。
* 手でむいて、ふわりと広がる香りを楽しみます
* しぼり器でしぼって香りをかぎ、果汁はジュースとしてそのまま飲みます。
* もっとも香りの成分が含まれているのは皮。残った皮を器に盛って部屋に置きます。
* 中をくりぬき料理の器として使います。

タラゴン

ハーブの一種、別名エストラゴン。料理に使うことで脂肪の燃焼を促すことができるそうです。

* 乾燥させた葉を刻んで、ハーブティーに
* 白ワインのボトルにタラゴンを入れ、3日ほど置いておくと香りが移ります。
* 乾燥させたタラゴンを細かく刻み、バターに練り込みます。
* 乾燥させたタラゴンを小さな袋の中に入れて、ハーブバスを楽しみます。

ラズベリー

香りの成分のラズベリーケトンには、唐辛子に含まれるカプサイシンの3倍の脂肪燃焼効果があるそうです。脂肪細胞に直接作用して、脂肪の分解を促します。

しかし、生のラズベリーを食べて効果を得るには大量に必要になるそうです。

ペッパー

ブラックペッパーのほうが香りが強いそうですホールならそのまま部屋に置いておいても香りを維持できますが、粉末状のものは冷蔵庫に保存します。

* パンやおむすびにペッパーをかけます。食べ過ぎには注意。
* ミルクをひいて香りを楽しむとともに、料理に使います。減塩にもつながります。
* 鍋で赤ワインを温め、ボールのペッパーを潰して入れます。

フェンネル

エスニック調の独特な甘い香りをもつハーブ。世界各地で食用されています。

* 種子をお皿に入れておき、外出前や食後にかみます。消化を促進したり、口臭を消す働きもあります。
* ドライハーブ(スプーン1杯)、またはフレッシュハーブ(スプーン3杯)に熱湯を注いで5分ほど蒸らし、ハーブティーに。
* 枕を縫いフェンネルを詰めて、ハーブピローに。
* パスタをフェンネルの葉や茎をゆでたお湯でつくります。刻んで混ぜて、余すところなく利用できます。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る