体のリズムを利用したダイエット法が、タイミングダイエットです。

人の体にはリズムがあり、毎日体重を測っていると、1キログラムの範囲内で微妙な増減が必ずあるといいます。このダイエット法は『週一回やせ日ダイエット』(小学館 宮本裕子著)に紹介されています。

タイミングダイエットのやり方


1.スタートは、生理が終わった最初の週末
女性が最もやせやすいのは、生理が終わってから排卵日までの約2週間。この時期は黄体期(生理前)にため込んだ水分を月経期(生理中)に排出するため、体重が減りやすい。

2.金曜日までは普通の食生活。土曜日は主食調整
土曜日だけ朝食と夕食の炭水化物、ごはん、パン、パスタを減らす。そして、ごはん類の代わりに、野菜やたんぱく質、海草類をたくさんとる。十分な栄養を摂取することで、空腹感は減少。炭水化物が消費されないまま体内に残ることがないため、体重が落ちやすくなる。

3.日曜日、体重が落ちていたら10分間のタイミング体操で筋肉刺激
これは筋肉に刺激を与え、新陳代謝を活発にするもの。空腹の状態で行うのがポイント。すでについている古い脂肪がエネルギーとして使われる。

タイミング体操のやり方

7種類、トータル10分のタイミング体操。やり方は以下の通り。力を入れるときに息を強く吐く呼吸法もポイントだそう。

ふくらはぎ
* 階段などの段差があるところに立ち、両手でバランスをとる。息を十分に吸ってからつま先立ちをし、息を吐きながら徐々にふくらはぎの筋肉に力をこめる。
* を吸い直し、息を吐きながら、かかとを深く下ろす。
※10回くり返す。

太もも
* 座って両手を後ろにつき、両脚をのばす。
* 片足のつま先を上げ、息を十分に吸ってから、ひざが曲がらないように床から10センチ程度上げる。
* 太ももの筋肉に力を入れ、ゆっくり息を吐きながら外へ開いていく。片足を戻して閉じたときに息を吐ききる。
※休憩をしながら片脚3回ずつ。

二の腕
* 脚をのばして床に座る。両手を肩幅に開き、指先を脚のほうに向けて後ろにつき、体を支える。
* 息を吸いながらゆっくり肘を曲げ、十分に吸ってから、息を吐きながら肘をのばしていく。
* のばしきったところで上体を思いきり反らし息を吐ききる。
※5回くり返す。

ウエスト
* 脚を開いて立ち、一方の脚に重心をかける。息を十分に吸いながらもう一方の脚を外側にすべらせていく。
* 息を吐きながら、外側にすべらせた脚の付け根を引き上げ、同じ側の肩を落ちしてわき腹をギューッと締める。
※両側のわき腹を、それぞれ4~5回ずつ。

背中
* 脚を肩幅に開いて立ち、後ろで手を組み、体の力を抜いて息を深く吸う。
* 息を吐きながら、両肩を背中であわせる感覚でグッと内側へ。
* 腕を徐々にもち上げて、背中が固くなったところで息を吐ききる。腕をもち上げるときに、首も反らせ、背中の肉を最大限締める。
* 腕ふたたび息を吸いながら組んだ手の力を抜き、ゆっくり腕を下ろしていく。
※5回くり返す。

腹筋
* 仰向けに寝て、息を十分に吸っておく。ゆっくり起き上がりながら息を吐き、お腹が震えるぐらいの所で力を入れて静止。
* さらに息を吐きながらおなかをへこませ、体を前に倒す。
* 背中を丸めながらゆっくり後ろに倒していき、仰向けになる。
※無理せず自分のできる回数だけ行う。

最終仕上げの整体体操
* ひざをたてて仰向けに寝た状態から、腰を両手で押さえ、ゆっくりとヒップを上げていく。
* 脚をのばしてつま先をできるだけ遠くにもっていくように。できる人はつま先を床につけた状態で、1~2分間静止。両手で足首を持つと、さらに太ももの裏側や背中を十分にストレッチすることができ、筋肉痛も予防。

平日の食事は自由に楽しんで

体操後の食事は自由。甘いものもアルコールもOK。むしろ、食事を楽しむといった精神面での解放感が、身体の代謝を高めるといいます。

極端に、食べ過ぎるのはよくありませんが、食べることを楽しみながら確実にやせられるというのがタイミングダイエットの利点。無理をせず、自分なりのリズムで取り組んでみるのもいいかもしれません。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る