インシュリンの分泌量を減らして太らない体質をつくるダイエットです。

ダイエットをする上で、血糖値が上がれば上がるほど分泌され栄養素を体に蓄えようとするインシュリンは「肥満ホルモン」ともいえるでしょう。

インシュリンの働き

食べ物を食べると血液中のブドウ糖の濃度、いわゆる血糖値が上がります。このとき、すい臓からインシュリンというホルモンが分泌され、この血糖値を下げようと働きます。

インシュリンは糖と結びついて、多くなった糖をエネルギー源として各細胞に送り込みます。しかし、細胞がエネルギーを必要としていない時が大変。

インシュリンは、余分な糖を今度はトリグリセリドとして脂肪細胞に蓄えてしまうのです。それも血糖値が下がるまで際限なく・・・

血糖値を保つことはとても重要なことですが、血糖値が上がれば上がるほど、インシュリンは分泌され栄養素を体に蓄えようとするので、
ダイエットには気をつけなければなりません。

低インシュリンダイエットの目安

血糖値を上げるのは炭水化物や糖分だそうです。ということは、これを減らしてインシュリンの分泌量を減らせば、脂肪が蓄積されることも少なくなります。

低インシュリンダイエットをする際に目安にするのがGI(グリセミック・インデックス)値。これは炭水化物と糖分が血糖値をあげるスピードを測定したものです。このGI値の高いものを食べると血糖値が急上昇し、インシュリンが大量分泌、その結果太ってしまう、逆に、GI値の低いものを食べれば血糖値もそんなに上がらず、インシュリンの分泌量も少なく、脂肪も蓄積されにくいのだそうです。

ですから低インシュリンダイエットで問題にするのは、量ではなく食品の種類。血糖値を上げる炭水化物と糖分を制限するだけでやせられるのです。それもまったく食べないのではなく、そのGI値が60以下のものを選ぶだけでOK。高GI値の炭水化物の穀物や糖類を低GI値のものに替えれば、食べる量は今までどおりでかまわないそうです。空腹感を感じることもなく、リバウンドの心配もありません。

どんなものを食べればいいの?

『低インシュリンダイエット決定版 7日間実践レシピ』(永田孝行監修 宝島社)によると、100g当たりのGI値は以下の通りです。

低インシュリンダイエットを行う時には、GI値が60以下の食材を選ぶようにするとよいそうです。主食の白米やうどん、食パンは玄米、そば、ライ麦パンなどに変えます。

・精白米 84 / 玄米56
・フランスパン 93 / 食パン 91 / ライ麦パン 58
・うどん(生) 80 / パスタ 65 / 中華麺 61 / そば(生) 59
・牛肉 46 / 豚肉 45 / 鶏肉 45
・卵 30 / バター 30 / 牛乳 25 / ヨーグルト 25 / 大豆 20
・じゃがいも 90 / にんじん 90 / カボチャ 65 / ごぼう 45
・トマト 30 / キャベツ 26 / きゅうり 23 / ほうれん草 15

炒め物やドレッシング、肉類などは食べても問題ありませんが、脂肪のとり過ぎには注意してください。脂質と炭水化物を一緒にとると体に蓄積されやすくなるそうです。

これまでのダイエット法とはちょっと違ったこの低インシュリンダイエット。今までのダイエットで失敗してしまった人、つらくて途中で投げ出してしまった人、トライしてみる価値は十分にありますよ。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る