血糖値を下げて糖尿病食ダイエット

生活習慣病でもある糖尿病ですが、患者がとる食事は、血糖値を下げるメニューになっています。血糖値が下がり安定すると、食べすぎを防止することができるます。そのため、ダイエットに向いている食事内容といえます。また、低力ロリーで栄養バランスがとれた内容なので、ダイエットに大いに活用することができます。

1日の摂取カロリーを守って糖尿病食ダイエット

すい臓から分泌されるインスリンが不足する病気のことを糖尿病といいます。インスリンには食後に血糖値が上がらないよう調節する働きがあります。インスリンが足りなくなると、ブドウ糖が血液中に残って高血糖の状態が続きます。そのため、糖尿病患者は血糖値を下げるために食事療法を行ないます。

糖尿病患者の1日の摂取カロリーは、約1200~1800キロカロリーとかなり低めです。少ないカロリーの中で体に必要な全ての栄養(良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維/糖質60%、脂質20~25%、タンパク質15~20%)を摂るため、糖尿病食は栄養バランスが良く、そのままダイエット食として利用することができます。

糖尿病食を自分で作ろうとするとカロリー計算が複雑で、ある程度の食品知識がないとなかなか難しいものがあります。最初のうちは、食品メーカーのものやケータリングなどを利用し、だんだんとメニューが分かってきたら、自分でも調理に挑戦してみましょう。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る