格闘技エクササイズから生まれたカーディオキックでダイエットに挑戦しましょう。

このダイエット法は、格闘技エクササイズとしてカリスマインストラクター・木幡さち子さんが考案しました。空手と有酸素運動、キックボクシングを統合したエクササイズで、筋力だけでなく柔軟力もアップでき、気になる部分を優先的に刺激して脂肪を落としていきます。

食事制限のストレスなく無理なくシェイプアップ

たるんだ二の腕やお腹まわり、太ももなどを楽しくスリムにシェイプアップできます。カラダを動かすのが面倒だと感じる方もいますが、音楽に合わせてリズミカルに行うので楽しく続けることができ、ヨーロッパやハリウッドのモデルやセレブの間でも話題のダイエットです。

カーディオキックダイエットの魅力

脂肪燃焼でストレス解消!
音楽に合わせてリズミカルにキックやパンチをすることで有酸素運動となり、瞬発的な動きが他のスポーツよりも効率的に脂肪を燃焼します。また、キックやパンチをすることで気分もスッキリ!爽快な汗を流しストレス解消にもなります。

筋力アップ!
パンチをすることで上半身の引き締め効果があり、キックは下半身を引き締めてくれます。日常的には使わない筋肉を使いますので、筋力アップにも効果を発揮!引き締まったバランスのよいカラダ作りができます。

健康維持と護身術!
汗をかくことは血行促進につながります。ダイエットはもちろん、冷え性や肩こり解消、生活習慣病の予防にもなります。また、格闘技の動きを繰り返し行うことで、護身術の基本がマスターできますので一石三鳥です。

ワンポイントレッスン

カーディオキックダイエットで大切なのは「呼吸」と「リズム」です。腕を伸ばしてパンチを出す時には息を吐き、お腹に少し力を入れるようにしましょう。

また、次の3点に注意しながらワンポイントレッスンを行いましょう。
*動きは大きく行うこと
*水分補給をしっかりと行いましょう
*呼吸を意識しながら行うこと
動きになれてきたら、パンチやキックのスピードを上げてみましょう。

●ラウンドキック
1.足を曲げた状態で膝を上げてキープします。
2.そのまま足を伸ばし甲の部分で相手をキックします。
3.素早く膝を曲げたポジションに戻し、足を地面に下ろします。
※しっかりとお腹を引き締めてキックをコントロールすること
※手はアゴの横でガードアップの状態にすること
※脇は締め、バランスを取るのが難しければ壁に手をついて行うこと

●ジャブ(パンチ)
前に出している足側の手で行うパンチのこと。腕を伸ばした時点で、手の甲が上になるようにパンチをします。パンチをしたらすぐに引き戻して、腕を曲げた状態で脇をしめます。肘は伸ばしきらないように注意し、肩の力を抜きリラックスして行います。

●クロス(パンチ)
後ろに引いている足側の手で行うパンチのこと。背中をまっすぐに伸ばし、アゴを引き、しっかりと腰を回転させるようにしてパンチをします。後ろの脚は、カカトが浮くくらいまでカラダをひねり、肩から前にパンチをします。前かがみにならないように注意しましょう。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る