姿勢をよくする体操でプロポーションがよくなるというのが背骨ダイエットです。

『発掘!あるある大事典』(CX系)でも、効果の高い肥満解消法として紹介され話題を集めたダイエット法です。

姿勢の悪い人は美しくやせられない?!

そもそもこのダイエット法の考案者は、「山田陽子プロポーションクリニック」の山田陽子先生。先生は、日本人女性に多い下半身太りに、猫背などの悪い姿勢が大きく影響している点に早くから着目。悪い姿勢を改善してダイエット効果をもたらす数々の体操をあみ出してきたそうです。

では、姿勢の悪い人は、なぜ美しくやせることができないのでしょうか?

本来私たちの背骨はS字状のカーブを描いています。しかし、姿勢が悪い人は背骨の湾曲に異常があり、内臓の位置が下がって、神経やホルモンの働きが低下。

新陳代謝も悪化し、やせにくく太りやすい体質になってしまうのだといいます。また、上半身にくらべてもともと新陳代謝が悪い下半身には、よけい脂肪がつきやすくなってしまうそうです。

以下3種類の体操で、今までダイエットに失敗続きだった人でも、下半身からすんなりやせることが可能です。

背骨ダイエットのやり方


体操は全部で3種類。無理な力を入れず、リラックスして行いましょう。3種類を順番で一度に全部行っても、1日のどこかで、自分にとっていちばん効果が出そうなひとつだけを続けてもよいそうです。

上体揺らし
* うつぶせに寝て両ひじをつき、あごを上げ気味にして上体を起こす。
* その姿勢で肩と腰を左右交互に20~40回揺する。
※ふくらはぎをタオルなどで軽くしばると効果アップ!

効果効能
腰が柔らかくなり背骨のカーブが矯正される。足やせ、O脚の改善効果に優れ、腰痛や外反母趾の予防効果も。

お尻歩き
* 両足を前に伸ばし、膝をそろえ、お尻を引き締めて床に座る。あごを上げ気味にして顔は正面に向ける。
* 両腕をまっすぐ前に出し、その両腕を同時に左右に大きく振る反動で、お尻で歩くようにする。最初は前に5歩、後ろに5歩を目安に、慣れてきたらできるところまで歩数を増やす。
※腕を振るスペースがなければ、胸の前で腕を組み左右に揺するようにしてもよい。

効果効能
お尻の脂肪が燃焼しやすくなり、骨盤のゆがみがとれ、お尻が小さくなる。背中のぜい肉も落ちる。

アキレス腱伸ばし
* 直径1~2センチ程度の棒状のもの(ペンなど)を床に横向きに置き、土踏まずのいちばん前の部分が当たるようにして乗る。
* 前を向き、膝の間に紙を挟んで立つ。壁に片手をつき、5~20回膝の曲げ伸ばしをする。膝を伸ばしたときは背中を反り気味にして、お尻を引き締めるのがポイント。 ※棒のかわりに電話帳を置き、両足の前半分を乗せて行うと効果アップ!

効果効能
背筋が伸び、猫背で下腹が出ている人に効果的。ウエストから下が引き締まる。

普段の生活で気をつけることは・・・

美しいプロポーションを手に入れるため、普段の生活においては次の点にも注意を払いましょう。

まず、きついブラジャーはつけないこと。次に、胸郭呼吸を行うこと。胸郭呼吸とは、顎を上げ気味にし、おなかを引っ込めながら息を吸い、おなかを膨らませないで息を吐く呼吸法です。どちらも、メリハリのある体型づくりには欠かせません。

簡単な体操をするだけで自分の望むプロポーションが手に入る、背骨ダイエット。ためしてみる価値、大いにありです

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る