キノコを原料としたキトサンが大注目を集めています。

キトサンダイエットは、キトサンの持つ脂肪吸収を阻止する作用を応用し、ダイエット効果があるとして、手軽に摂取できるダイエットサプリメントとして注目を集めました。

キトサンの効果と摂取方法


キトサンとは、「キチン・キトサン」のことで、エビやカニの甲羅に含まれる「キチン」を、より多くの場面で利用できるように性質を整えたものです。エビやカニ以外にも、キトサンを多く含むものには、イカやタコ、蜂、酵母菌、しいたけ、しめじ、マイタケなどがあります。

キトサンは、ビフィズス菌の増殖を促して腸内環境を整えますので、便通も促してくれます。

また、塩素を排出する働きもありますので血圧を下げ、コレステロール値を下げるとともに、自然治癒力を高める効果もあります。

マウス実験では、キトサンがウイルスなどの異物を撃退する、マクロファージの働きを活性化する効果があることが明らかになっています

キトサンを摂取するのに、一番手軽なのはサプリメントですが、サプリメントの原料となるキトサンは、一般的にはカニの甲羅を使っています。

また、サプリメントの場合は、キトサンが単独で使用されていることはありませんので、ほとんどのものがビタミンやナトリウムなどの成分が配合されています。多量摂取しても副作用はないとされていますが、体質や体調により異なりますので、キトサンのサプリメントを購入する際は、製品に含まれる成分を確認しましょう。

また、最近注目を浴びているのが、カニの甲羅ではなくキノコを原料とした「キノコキトサン」のサプリメントです。

しいたけやまいたけなどのキノコ100gから、わずか3gしか抽出することができない貴重な成分がキノコキトサンです。脂肪を分解する働きに優れていますので、食事制限をするのが苦手な人や、揚げ物が好きな人などにおすすめです。

ある臨床実験では、食事制限をせず、キノコキトサンを1日300mg、8週間摂取したところ、体脂肪が平均0.9kgも減少。ウエストも平均3.5cm減るという結果が出ています。筋肉は落とすことなく、体脂肪だけを減らすことができるのがキノコキトサンの特徴です。

サプリメント以外の摂取方法

キトサンを含む食品として手軽に摂取できるものに、「サクラエビ」と「オキアミの塩辛」があります。どちらもカルシウムや鉄分を多く含むので、骨粗鬆症や貧血対策としても、女性に嬉しい食品といえます。
ここで、サクラエビを使った簡単レシピをご紹介しておきます。

●サクラエビの卵焼き(1人前)

【材料】 釜揚げサクラエビ・・・25g、卵・・・2個、だし汁・・・大1
【作り方】
1. 卵2個をボールに割り、泡立てないようにほぐします。
2. 1にサクラエビを加え、軽く混ぜます。
3. フライパンにサラダ油を熱し、卵焼きの要領で2を焼きます。
4. 皿にレタスとミニトマトを添え、焼き上がった卵焼きを食べやすい大きさに切って盛りつけます。

基本の卵焼きに、しいたけやしめじなどのキノコ類をプラスすれば、さらにキトサン効果がアップします。
ただし、食事の中でダイエット効果を得られるキトサンの量を摂取しようとすると、かなり多量に食べないと難しいので、やはりサプリメントが手軽にキトサンをとるにはおすすめでしょう。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る