さまざまなダイエット方法の中でも、消費カロリーの多いのがバランスボールダイエット。

最近では、スポーツ・トレーニングとしても定番メニューになっています。バランスボールは1つのエクササイズで、いろいろな筋肉を鍛えられ、血行がよくなり基礎代謝も上がりますので、太りにくく痩せやすい体質になります。

体に合ったボールを選びましょう

バランスボールダイエットをするのに必ず必要になるのが、バランスボールです。

ボールには、直径55cmと65cmのサイズがあります。身長160cm以下の人までは55cmのサイズが目安となりますが、ボールに座ってみて、足がしっかりと床につくことと、ひざの角度が約90度になっているのかをチェックして選びましょう。

ボールが小さ過ぎると、ひざ関節や股関節の障害を起こしやすくなり、足が床についていないと、不安定になりバランスがとりにくくなりますので注意しましょう。

初心者や高齢者の方は、ひざの角度が90度以上になるサイズを選びましょう。また、固定用の附属リングがあるものもおすすめです。
サイズに合ったボールが用意できたら、まずはボールに慣れましょう。

ボールに腰掛け、真上に軽く弾んでみて下さい。あまり高く弾むとバランスを崩しますので、高さを調整しながら弾む感覚をつかみましょう。ボールに慣れるまでは、転倒してもよいように、危険のないフラットなところで行うようにします。

バランスボールは、ダイエットという目的以外にも、体の歪みを矯正したり、バランスのよい筋肉を作るのにも力を発揮してくれます。また、バランスボールを使ったエクササイズによっては、ヒップアップ効果もあります。

ボールに座るだけで自然と背中がシャンとして正しい姿勢が取れと同時に、骨のそばにつく内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることもできます。

骨盤の歪みを矯正し二の腕をシェイプアップ

●骨盤の歪みを矯正する
1.背筋を伸ばしボールにしっかりと座り、両手は軽く太ももの上におきます。
2.両手は太ももにおいたまま、上半身が前かがみになるよう、ゆっくりと骨盤を前方に傾けます。
3.元の姿勢に戻し、次に、背中を丸めおなかを引っ込めるように、骨盤を後方に傾けます。この動作を、15回を目安に繰り返します。

●二の腕のシェイプアップ
1.ボールの真ん中よりも、やや右寄りに座ります。
2.左手を前方に向けてボールの上におき、軽くひじを曲げます。
3.息を吐きながら、おしりをボールから浮かすように手のひらでボールを押します。
4.片手20回を目安に右手も同様に行います。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る