筋力をつけて基礎代謝をアップさせるダンベルダイエット

運動の全てが無酸素運動であるダンベルダイエット。無酸素運動とは、ウェイトトレーニング(通称:筋トレ)のことです。筋トレを行なうと必然的に筋肉量が増え、基礎代謝量が高まります。筋肉がついた後は、筋肉が落ちないようにケアすれば、ダイエットしなくてもよい体になり、またリバウンドもしにくい体になります。

家で簡単にできるダンベルダイエットで体を引き締めよう!

二の腕、バスト、ウェスト、太ももなど、体の部分ごとにやり方が様々なダンベルダイエット。代表的な部位のダイエット方法をご紹介します。

【二の腕のたるみをとる】
1.ダンベルを両肩上あたりに持ち上げる。
2.息を吐きながら片腕ずつ交互に上げ下げする。
3.交互に20回ずつ行う。

【お腹まわりを引き締める】
1.足を肩幅に開いて、膝をこころもち曲げ、ダンベルを持った両腕を伸ばす。
2.ゆっくり左右にダンベルを振って、お腹がねじれていることを感じる。
3.左右交互に20回ずつ行う。

【太ももを引き締める】
1.椅子に座る。
2.手にダンベルを持ち、膝の上に置く。
3.立ち上がり、座る。立ち上がり、座る。これを繰り返す。

今は比較的どこでも簡単にダンベルが手に入りますが、ダンベルがない場合は、ペットボトルに水などを入れて代用してもいいでしょう。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る