いま、小顔グッズとして注目を集めているのが、小顔用マウスピースです。

すっきりと引き締まった小顔は、女性なら誰でも憧れるもの。小顔になるためには、頬を中心に顔の筋肉を引き締めることがポイントになります。そのためのマッサージや体操などもありますが、さらに手軽にできる小顔グッズがこの「小顔用マウスピース」です。

噛み合わせが全身に影響する


小顔マウスピースは、噛み合わせを直すことで、フェイスラインを整えてリフトアップを図る美容器具です。

歯の噛み合わせが悪いと、頭蓋骨や周囲の筋肉にも影響を与え、アゴに余計な脂肪がついて顔のバランスが崩れて歪んでしまいます。さらに、いびきや歯ぎしり、頭痛、肩こり、腰痛、不眠などといった症状も表れてきます。

しかし、これらの症状から病院で診察を受けても、「噛み合わせが原因です」といわれることはほとんどありません。それは、噛み合わせが歯科の専門領域だからです。ですので、長期間にわたって頭痛や肩こり、腰痛などがある場合は、噛み合わせが原因の可能性もあります。

例えば、偏頭痛と冷え症・背部の痛みに悩む20代の女性の場合、パッと見ただけで左右の肩の位置が違うのがわかるように、上アゴと下アゴのバランスが悪く、専門医で噛み合わせを調整したところ、あらゆる症状が改善されました。

また、同じく20代の女性ですが、耳鳴りや肩こり、足のしびれなどの症状があり、専門医の診察を受け、噛み合わせの調整をしたところ、自覚症状がすべて解消されたばかりでなく、それまでは口呼吸しかできなかったのが、しっかりと鼻呼吸できるようになったというケースもあります。

鼻呼吸ができないと、酸素消費量が増えて頭や足が酸素不足になり、貧血や冷え症にもつながります。また、噛み合わせが悪いことで免疫力も落ち、アトピーや花粉症、鼻炎などの症状が出てくる人もいます。

このように、噛み合わせは全身と深く関わっていて、アゴの位置が悪いと足のバランスが取れず、足のバランスが崩れているとアゴの位置が悪くなるため、噛み合わせが原因で歩くのも困難になるケースもあります。

マウスピースをつけるだけの「ながらダイエット」

小顔用マウスピースは、美容的小顔効果で人気を集めていますが、このマウスピースを使うことで、噛み合わせが改善され、リフトアップの結果、小顔になるという働きがありますが、小顔づくりには、マウスピース以外にも、ローラーを使ったマッサージや体操などもあります。

ただし、ローラーなどを使ったマッサージや体操などと比較すると、市販されているマウスピースの中には、矯正歯科でも使用されているほど性能のよい物があり、噛み合わせを直すという点では、マウスピースのほうが有効だといえます。

マウスピースは、上唇と歯茎の間にはさんで使います。口を閉じるときに負荷を与えることで、口唇の周り・頬・目の下のたるんだ皮膚をストレッチし、余分な脂肪が燃焼され、筋肉を鍛えることができます。

インターネットなどからも注文でき、1,500~6,000円前後で購入することができます。商品によっても違いますが、1回5~10分ほど装着するものから、1時間装着するものまであります。

いずれにしても、TVを見たり家事をしながら使用することができますますので、ながらダイエットということで時間のない方にもおすすめです。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る