足裏に刺激を与えるて痩せるという足裏湿布ダイエットをご紹介します。

健康のために足の裏を刺激する、という話はよく耳にしますが、今回ご紹介する足裏湿布ダイエットとは、シールタイプの湿布を適当な大きさに切って足の裏に貼るだけ、というダイエット法。無理な食事制限もなく、今までどおりの食事でダイエット効果が期待できるというものです。

足裏湿布ダイエットのメカニズムとやり方


メカニズム
なぜ足の裏に湿布を貼るだけでやせるのか。
まず、足の裏にはたくさんの血管が密集しています。そして、この血管のひとつひとつには自律神経がまとわりついているのだそう。
そのため、湿布のようなわずかな刺激でも体には大きな刺激となって伝わり、鈍っていた体の代謝が活発になって、全身の血液循環が高まると同時に、筋肉のまわりにある脂肪の燃焼が促進され、ダイエットにつながる、というわけです。

やり方
* 湿布を貼る前に、足の裏の湿布を貼る部分を3分間くらい揉みます。冷え性の人は5分くらい揉みましょう。
* 足の裏の汚れなどを落とし、清潔な状態で湿布を貼ります。湿布は必ず両足に貼るのがポイント。1日中貼っておくことが理想的ですが、無理であれば夜、寝ている間だけでもよいそうです。毎日新しい湿布に取り替えましょう。

湿布を貼る位置(ゾーン)と効果
* ゾーン1
足の親指と小指以外の3本の指のつけ根の盛り上がった部分に貼ります。甲状腺の働きを活発にし、余分な脂肪を燃焼してくれます。
* ゾーン2
土踏まずの中心部分に縦に貼ります。上半分は腎臓の働きを活発にするゾーンで、水はけをよくしてむくみを取る効果があります。下半分は腸の働きを活発にするゾーンで、蠕動運動を促し、便秘を解消するのだそう。

ダイエットを行う上での注意点

使用する湿布は市販されているものでOK。厚手のものははがれやすいため、薄手のタイプがよいよう。温湿布でも冷湿布でも効果がありますが、冷え性の人には温湿布がおすすめとか。

湿布がはがれてしまうようであれば、補強のためにスポーツ用テープを貼ったり、靴下やストッキングで湿布を固定しましょう。

足裏湿布ダイエットの特徴は、体脂肪を減少させることができるために自然にやせられること。そのため、2~3kg体重が減っただけでも、見た目にはずいぶんすっきりときれいになるのだそうです。まずは1カ月、試しにこっそり足の裏に湿布を貼ってみてはいかがでしょうか。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る