別名「代謝系ダイエット」とも言われているのが、お風呂で行なう注目のリンパマッサージです。

「リンパ」とは、体液循環のひとつで、皮膚と内臓の老廃物を心臓の近くにある静脈まで運んでくる重要な器官です。リンパマッサージは、体内に蓄積された老廃物や毒素を、リンパ液にのせて排泄するマッサージ法です。

リンパマッサージの効果


流れが悪くなったリンパをマッサージすることで、サラサラと流れもよくなり、むくみや冷え症、血行不良、免疫機能を改善する重要な役目をします。

リンパの中でも、鎖骨にある「鎖骨リンパ節」は、マッサージを行う上でも一番大切なリンパ節となります。ほとんどのリンパ液が、鎖骨リンパ節で「鎖骨下静脈」と合流して心臓に戻っていきます。

忙しくてマッサージの時間が思うように取れない方なら、左鎖骨にある鎖骨リンパ節だけでもマッサージしておきましょう。
毎日、リンパマッサージを行うことで、ダイエット効果はもちろん、疲れにくい体作りにも役立ちますし、代謝がよくなるので美肌効果も得られます。

リンパの位置と症状

代謝系ダイエットと呼ばれるように、リンパマッサージは、血行のよい状態でやると効果がさらに高まりますので、入浴のときに行いましょう。マッサージの際に石けんをつければ、手のすべりもなめらかになります。
まずは、リンパの位置と症状を確認します。お風呂で体を洗うときにも、下記の部位を意識して、マッサージするように洗ってみましょう。

●首のつけ根(顎部リンパ節)
全身にあるリンパ節は約800個あり、そのうちの約300個が首の周りに集中しています。この部分の流れが滞ると、肩や首のコリ、自律神経の乱れが起きます。
●鎖骨(鎖骨リンパ節)
リンパのすべては、鎖骨付近にある太いリンパ幹に合流し、最終的に静脈に流れこんできます。この部分の流れが滞ると、倦怠感や肌トラブル、老化などが起きます。
●わきの下(腋窩リンパ節)
腕や胸元のマッサージは、わきの下が基本となります。この部分の流れが滞ると、二の腕がたるんだり、手足のむくみが起きます。
●脚のつけ根(鼠径リンパ節)
首の周りに次いで、脚のつけ根にリンパ節が集中しています。この部分の流れが滞ると、腰痛や生理痛、下半身太り、内臓機能の低下が起こります。
●ひざの裏(ひざ窩リンパ節)
脚に流れるリンパ節の中継点となります。この部分の流れが滞ると、冷え症や脚のむくみ、ひざ痛が起こります。

部位別マッサージ

●二の腕に効果のあるマッサージ
1.左腕をまっすぐに伸ばします。
2.右手で左手首をつかみ、わきの下に向かってさすり上げます。このとき、さすりながら左腕を自然と上げていきます。
3.左右同じように10回×5セットを目安に行います。
4.次に、左腕を曲げ、二の腕の内側を右手で軽くつまみ、ひじ側からつけ根に向かってもみ上げます。
5.左右同じように10回×5セットを目安に行いますが、二の腕がポカポカするまでやると効果的です。

●ふくらはぎに効果のあるマッサージ
1.片脚を立て、親指以外の4本の指でひざの裏のくぼみをゆっくりと押します。
2.リズミカルに5秒押したら5秒手を止め、5秒間かけて手の力をゆるめるようにします。
3.5回を目安に両脚を押します。
4.次に、片脚を立て、左右の手を交互に使い、足首からひざの裏にかけて下から上にさすり上げます。
5.10回×5セットを目安に左右同じように行います。

●太ももに効果のあるマッサージ
1.片方の太ももを、雑巾をしぼるように両手で余分な肉をひねります。
2.10回×5セットを目安に、反対側の脚も行います。
3.次に、足首から太もものつけ根に向けて、下から上に左右の手を交互に動かしてさすり上げます。
4.10回×5セットを目安に、反対側の脚も行います。
5.ふくらはぎのマッサージの後に行うと、より効果的です。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る