毒素排出ダイエットの中でも注目はヒマシオイルのダイエットです。

熱帯アフリカ原産の植物、ヒマの種子からとれる油脂を精製したヒマシオイルを使った毒素排出ダイエット。ダイエットだけでなく、肌荒れ、ニキビのトラブルにも効果があるそうです。

なぜヒマシオイルダイエットは効くの?

ヒマシオイル湿布を当てる右わき腹には、肝臓、小腸、上行結腸、盲腸、胆のう、すい臓、胃など主要な内臓が集まっています。ヒマシオイルはたった4分間で皮膚に浸透し、小腸のじゅう毛の働きを活発にし、リンパ液や血液の流れをよくして免疫機能を高めるのだそうです。

それとともに、体内毒素を排出して腸に追いやる効能があるため、体外に排泄されやすくなるというわけです。内臓から毒素がなくなることで細胞の働きが活発化すれば、新陳代謝もよくなるのは道理。

基礎代謝が上がれば食べ物をエネルギーに変えやすくなり、身体機能も活発化して体重も落ちていくというメカニズムのようです。

また、体の毒素を排出することで、女の子には悩みの種の肌荒れ、にきびなどの皮膚疾患にも、かなりの効果が期待できそうです。

このヒマシオイルダイエットの効果をさらに実感するために、なるべく歩くなど、普段から無理しない程度に体を動かすことを心がけましょう。また、体によいものを食べることもダイエットのため、健康のためにとても重要なポイントです。

ヒマシオイルは一般には下剤として用いられ、解毒作用があることから毒物を誤飲してしまったときに飲用する場合もあります。

ヒマシオイルの主成分はリシノール酸といい、他のオイルには見られない特殊な分子構造をもっています。これがヒマシオイル独特の作用とつながっていると考えられていますが、リシノール酸が実際どのように体内で機能し、治癒効果を発揮するかについてはいまだ解明されていません。

ヒマシオイルダイエットの進め方

1)フランネルを二重にたたみ、そのたたんだフランネルより10cmくらい広いラップで覆います。このラップは汚れたら取替え、フランネルは3サイクル1カ月 通して使用します。
2) ヒマシオイル約100ccを、フランネルの縁2~3cm あけて注ぎます。
3)ヒマシオイルを注いだフランネルをラップごと右わき腹に当て、バスタオルを巻いて押さえます。このとき、バスタオルがほどけないようにゴムひもなどを使って押さえるか、ひもで軽く縛りましょう。
4)そのままの状態でひと晩寝ます。朝に湿布をはずし、湿布は冷暗所で保管しましょう。フランネルのオイルは少しずつ体に吸収されるので、ときどき補充をします。この湿布は他の人と共用しないようにしてください。
5)オリーブオイルを毎晩寝る前に大さじ1杯飲むか、あるいは3日目の寝る前にお猪口半分くらい飲んでください。オリーブオイルは腸からの排泄を促す作用があるからです。
6)その次の日から4日間は休みます。
7)1.~6.を1クールとして3クール続けます。3クール続けたら、次の一週間は完全に休みにします。これを最低3カ月は続けてください。

ヒマシオイルダイエットを続けて行うと毒素を1度に排出しすぎることで逆に体調不良を招くことがあるため、やり方を正しく守り、休みをきちんと入れるようにしましょう。

ダイエット中には、新鮮な野菜ジュース(できれば手作りが好ましい) や生のアーモンドを摂るようにすると一層有効です。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る