ダイエット+スタミナをつけることができるのがニンニクキムチダイエットです。

キムチに含まれるトウガラシの辛み成分カプサイシンには、体脂肪を燃焼させる働きがあります。そのため、トウガラシを食べると新陳代謝が活発になり、肥満を予防する効果があるということです。また、発酵食品であるキムチには、整腸作用をもつ乳酸菌が含まれており、便通も良くなります。

ニンニクキムチのつくり方

ニンニクキムチダイエットの方法は簡単。ニンニクを市販のキムチの素に漬け込み、毎日食べる・・・それだけです。

つくり方
(1) 皮をむいたニンニクを水でよく洗う。
(2)耐熱容器によく沸騰させた湯を注ぎ、そこに(1)のニンニクを入れ、そのまま4分間浸しておく。※ここで、熱湯に浸しておく代わりに熱したフライパンで5分ほど転がしながら焼いてもよい。
(3) (2)のニンニクをざるなどにあけ、水に浸けてよく冷やす。
(4) (3)のニンニクの水をよく切って、密閉できる入れ物に入れる。そこに同量のキムチの素を入れて密閉し、冷蔵庫で保存。

ニンニクキムチはつけてから3日間ほどで食べられます。また、1カ月程度冷蔵庫での保存も可能です。

ニンニクキムチの優れた効用

ニンニクキムチで実際に体重が減ったという方は大勢いるそうですが、でも、本当にそんなにやせられるのでしょうか・・・?

宇都宮大学の名誉教授、前田安彦教授にお話を伺ったところ、次のようなご返答を頂きました。

「まず、キムチに含まれるカプサイシンに脂肪を燃焼させる働きがあるのは事実。でもそれで、確実にダイエット効果があるといいきるのは難しいかもしれません。ニンニクキムチだけでやせるためには、学問的には1日3キロもの量を食べなければならないからです」。

韓国では、あまり太っている人がいないといいます。それは、あらゆる食べ物にトウガラシが入っており、彼らが年中それを食べているからだそうです。それくらいの量を食べていれば、確実にやせる・・・。でもそれをニンニクキムチに換算すると、1日に3キロという、ものすごい量になってしまうのだそうです。それはちょっと現実的ではありません。しかも、そんなに食べると今度は塩分のとりすぎが心配です。

前田教授のお話にもあるように、ニンニクキムチだけで大幅な減量を、というのはちょっと難しいのかもしれません。でも、辛いものにはやせる効果があることは事実。そしてニンニクキムチそのものの効果というよりも今、自分がダイエットに取り組んでいるという意識で食べることが、さらなる効果を生み出すのかもしれません。

なにはともあれ、ニンニクキムチにはダイエット効果だけでなく、動脈硬化・高血圧の予防、スタミナ増強など一般的な健康増進にも大いに効果を発揮するといいます。ダイエット効果を期待しつつ、健康のためにも試してみてはいかがでしょうか。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る