呼吸法を見直して、美呼吸ダイエットに挑戦!

美呼吸を行うことにより、脂肪の燃焼を促進すると同時に、横隔膜が動かされるので内臓に刺激を与え、冷え性にも効果があリ、また腸まで連動して内臓が動かされることで便秘解消にもつながります。

美呼吸とその効果


ここでちょっと正しい呼吸というものについて考えてみましょう。

毎日だれもが無意識に呼吸しています。この息を吸って吐くという行為が人間にとって必要不可欠なことなのはいうまでもありません。

あなたは空気を吸うとき、鼻から吸っていますか? それとも口からでしょうか? わからない、というあなたのためにチェックシートを用意してみました。

1) テレビを見ているときや本を読んだりして集中しているとき、
  無意識に口を半開きにしていることが多い。
2)オールシーズンいつでも唇がかさかさに乾いている。
3)朝起きるとのどがひりひりと痛む。
4)朝起きたときのどがからからに乾いている。

どうでしたか? 1~4のうち1つでも当てはまったあなたは口で呼吸している可能性が大です。

●正しい空気の吸い方
空気は本来鼻から吸うのが正しい方法です。

鼻の穴の入口付近には鼻毛があり、その奥には細くて短い「繊毛」という毛の生えた細胞があります。私たちが息を吸うとき、これらはフィルターの役割をしてばい菌やホコリを取り除いてくれるのです。また、空気が肺に送られたとき、冷たかったり乾いていたりすると肺はうまく酸素を取り入れることできません。

そうなると、体にうまく酸素がいき渡らず、その結果、脂肪をうまく燃焼させることができないということにもなりかねません。口を使わずに鼻で呼吸することにより、冷たい空気を体温程度に温め、湿り気を与えることで、酸素を体中にいき渡らせ、新陳代謝を活性化することができるのです。もちろん脂肪の燃焼効率がよくなり、ダイエットにもつながります。

鼻で呼吸する鼻呼吸が正しい呼吸であり、美しい呼吸、つまり美呼吸です。

美呼吸を行うことにより、脂肪の燃焼を促進すると同時に、横隔膜が動かされるので内臓に刺激を与え、冷え性にも効果があリ、また腸まで連動して内臓が動かされることで便秘解消にもつながるのだそう。

美呼吸のやり方

1)足を肩幅よりやや広めに開いて立ち、両手を上げて万歳の姿勢をとる。
2)肩筋と首筋を伸ばしてあごを引き、口と肛門を閉じる。
3)鼻から空気を吸い、おなかをへこませて横隔膜を引き上げるようにする。このとき口は閉じたまま、上あごは上げ、下あごは下げて、上の歯と下の歯の間を開ける。
4)鼻から息を吐き、おなかの力を抜いて横隔膜を下げるようにする。このとき口は閉じたまま、歯を軽く噛みしめる。
5) 1.~4.を8回くり返す。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る