短い時間でも毎日行えば効果が出るのが骨盤ストレッチダイエットです。

骨盤の歪み、開きなどを本来の状態に戻すことで、骨格や筋肉など体の機能が正常に働きます。つまり、骨盤の歪みを矯正しておけば、体の機能が正常に働くことで、ダイエットの後のリバウンドの心配もありません。1回の時間を長くするよりは、たとえ1分でも毎日継続して行うようにしましょう。

骨盤をチェックしてみましょう


骨盤は、子宮や腸、膀胱などの臓器を守るためにある骨で、上半身の体重を支え、歩行による衝撃を吸収する大切な役割があります。

脚を組んで座ったり、横向きで寝たり、机に頬杖をつくといった日常の動作や姿勢、運動不足により筋肉が衰えることで、骨盤が歪み、肩こりや腰痛、便秘や生理不順など、さまざまな症状が出てきます。

また、骨盤が歪むことで、歯のかみ合わせにまで影響を及ぼし、顔が歪んでしまうことも。さらに、骨盤が開くことで、胸が貧弱になり、お尻は下がり、O脚やX脚になり、おまけにお腹がぽっこりと出て、太りやすい体質になってしまうこともあります。

骨盤ストレッチは、一日1回、わずか5分程度でも、骨盤の矯正になり、周囲の筋肉も鍛えることができます。

●骨盤の歪みチェック
チェック1.正座をしたときに、ひざの高さが揃っていない
チェック2.正座をしたときに、片方のひざだけが前に出る
チェック3.片足で立つと10秒もしないうちにグラグラする
チェック4.仰向けに寝て、脚を肩幅に開いたときに、つま先が大きく外側に傾く

この中からひとつでも当てはまるものがあれば、骨盤が歪んでいる可能性がありますので、さっそく今日から骨盤ストレッチを始めましょう。

骨盤ストレッチを行うときに、より効果を上げるために、骨盤をしっかりと固定できる補助具を使うのがおすすめです。ストレッチの最中に骨盤が開いてしまうのを防ぐ働きもしてくれます。1万円前後で市販されている「骨盤矯正ベルト」なら、補助具として手軽に利用できます。

基本のストレッチ

●骨盤の筋肉を伸ばすストレッチ
1.仰向けになり両手を真横に伸ばします。
2.左の手のひらを上に、右の手のひらを下に向けます。
3.上体は上を向いたまま、右脚を左手のほうにひねります。
4.ひざはあまり曲げずに楽な姿勢で5分間静止します。
5.元の位置に戻し、次に、右の手のひらを上に、左の手のひらを下に向け、左脚を右手のほうにひねり同じ動作を繰り返します。

●骨盤の動きをスムーズにし上半身のコリをほぐすストレッチ
1.イスに浅めに腰をかけ、背筋をピンと伸ばします。
2.大きく息を吸いながら、お腹を引っ込めます。
3.次に、ゆっくりと息を吐きながら、上半身を右側へ、下半身を左側へひねります。
4.そのままの状態で30秒静止します。
5.元の位置に戻し、反対側も同じように、上半身を左側、下半身を右側にひねり、30秒静止します。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る