手軽に気軽に簡単に、どこでもすぐにできるダイエット法・・・それが7秒間ダイエットです。

面倒くさいことは苦手・・・、楽に痩せたい・・・、そんな怠け者のあなたにぴったりのダイエット法がコレです。中京大学教授、湯浅景元先生が考案した、なんとも簡単なダイエット法です。

7秒間の簡単エクササイズ

7秒間、やせたい部分に思いっきり力を入れるだけという、簡単エクササイズ。引き締めたい部分の運動を5回くり返し、それを1日に3回行います。

このエクササイズは無酸素運動と呼ばれ、ゆっくりと息を吐きながら体を静止し、特定の筋肉に力を入れることによって、その箇所の筋肉を強化する働きがあります。そして、継続的に行うと筋肉の量が増え、基礎代謝が高まり、体脂肪が燃焼されやすい体質になる・・・というわけです。

エクササイズは、それぞれ引き締めたい部分ごとに分かれています。

二の腕
両手を胸の前に合わせて、手のひらで押し合うようにグーッと内側に力を入れて7秒。腕は地面と水平になるように。肩と二の腕の部分の筋肉を意識しながら行います。

腹筋
あおむけに寝てから130度くらいの角度で軽くひざを立て、手をひざの上に置き、上半身を起こして7秒。頭の後ろで手を組むと、頸椎を傷める原因になるので注意。

ウエスト
スポーツタオルなど、長めのタオルを用意し、足でタオルの端を踏みます。タオルの反対側の端を片手で短めに持ちます。タオルを持っていないほうの手を頭に添え、タオルと反対側のわき腹にも力を入れ、体がまっすぐになるようにして7秒。

ヒップ
*あおむけに寝てひざを立て、肩幅くらいに開く。そのままお尻を上げて7秒。高く上げる必要はなく、筋肉が締まっていると感じるところで止める。
*四つんばいになり、片足を天井に向けて蹴り上げた状態で止めて7秒。太ももの引き締めにも効果があります。足をかえてもう1セット。

背中
*うつぶせになり、あごの下で両手を重ねます。両足をそろえてまっすぐ延ばしながら床から少し浮かせ、7秒キープ。
*まっすぐ立ち、片方のひざを後ろに曲げ、その姿勢から体をゆっくりと沈めます。上体と頭をまっすぐに保つことがポイント。

太もも
*あおむけに寝て両手をお腹の上で組み、両足を上げて交差させます。上になった足を下に向けてぎゅーっと押して7秒。
*うつぶせになり、右手と左足をまっすぐ伸ばし、床から少し浮かせたまま息を吐きながら7秒。腕と足を入れかえてもう1セット。
*うつぶせになり、両腕をまっすぐ伸ばし、視線は真正面をみて7秒。腰を反らし過ぎると腰を傷める原因になるので注意。

うれしい部分やせ効果

実行するときの注意点がひとつあります。呼吸を止めながら運動すると、血圧が上昇して危険です。それを防ぐためにも、1、2、3・・・と声に出しながら数えてみるのもいいかもしれません。

たったこれだけのダイエット法で本当にやせられるの?そんな疑問があるかもしれませんが、実際に体験をされた人は、3カ月でウエスト5cm減り、体重も2.5kg減。体型の変化だけでなく、体調もよくなったといいます。

また、人間は体温が一度上がってから下がり始めるころ、眠りに入るといいます。そのため、就寝前に運動すると体が温まり、寝つきがよく、朝までぐっすり熟睡できるということです。

この7秒間ダイエットで、気になる部分の引き締めに成功、さらに今度は体脂肪を減らして、体のなかからきれいにやせたい~。そんな人にはさらに嬉しいプラスαのダイエット法があります。それが、ボックスダイエットです。

7秒間ダイエットが筋肉の引き締めに有効な無酸素運動であるのに対し、このボックスダイエットは有酸素運動。体脂肪を減らす効果が抜群です。家の階段を利用して1日たったの5分間のがんばり。その場で上り下りをするだけです。これだけでなんとウォーキング30分に値するほどの運動量だといいます。

テレビをみながら、電話しながらでもOKの簡単体操。たったこれだけで健康的にやせられるのなら、ものは試し・・・気軽に始めてみるのもよいかもしれません。

関連情報

[PR]おすすめダイエットグッズはこちら!

本気でやせたいなら新マイクロダイエット

コメント

カテゴリトップに戻る